MENU

食あたりが治るまでに要する期間は

スポンサーリンク

本当につらい症状を引き起こす食あたり。
意外と多くの人がなったことがあるのではないでしょうか。
おう吐に続いて下痢を引き起こすことの多い食あたりですが,基本的に特効薬はありません。
身体に入ってしまった細菌が外に出きってしまうまで安静にしているしかないのです。
細菌を外に出し切らなけらば治らないのですから,吐き気止めはもちろん,辛い下痢症状であっても下痢止めを使用することはできません。
それゆえに,とても辛いのです。
これだけ辛い症状ですから,多くの人が食あたりによる症状が治るまでの期間を知りたいと願うのはとても自然なことです。
しかしながら,先にも述べたように,身体の中から細菌を出し切るしか食あたりを治す方法はありません。
ですから,人によって治るまでの時間は全く異なります。
残念ながら,食あたりが治るまでにかかる期間は人それぞれとしか言いようがないのです。
脱水症状を起こさないよう,しっかりと水分をとって安静にして過ごしてください。

スポンサーリンク

しかしながら,そんなに心配は必要ありません。
おう吐や下痢といった症状だけであれば比較的軽い食あたりの症状ですから,大体において1日から2日程度で治ることがほとんどです。
それ以外の重篤な症状がある場合は,入院が必要であったり長い期間の通院が必要になるため,治るまでの時間は人によって変わってきます。
食あたりというものはおう吐や下痢だけの軽いものもありますが,一歩間違えると命の危険にさらされることもあります。
しかし,おう吐や下痢のみの症状であれば治るまでの期間も短く,自宅療養が可能ですから,大した心配はありません。
症状を発症するまでの期間も細菌の種類によってバラバラなのが食あたりの特徴です。
長い場合であれば10日ほどの潜伏期間があるものもあります。
発症までの期間もそれぞれですから,治るまでの時間もまたそれぞれです。
病院を受診する場合には,そこまでの潜伏期間を考慮して原因を相談することをお勧めします。

スポンサーリンク