MENU

授乳の際の食あたりと薬について

スポンサーリンク

赤ちゃんを育てているという人がいます。
このようなときには授乳をすることもありますが、食あたりになったときには授乳をしてもいいのか気になります。
とくに薬を服用しているというようなこともありますが、この場合も授乳をしてもいいのか心配になります。
授乳中の母親が病気になってしまうと、そのまま授乳を続けてもいいのか迷ってしまいます。
この中で食あたりになってしまうということがあります。
食あたりを引き起こしてしまったときには、薬をのまずに授乳を続けてもいいのか心配になります。
一般的には食あたりを引き起こしてしまったときにも、母乳を与えると言うことに心配はありません。
食あたりでは、細菌やウイルスなどが原因となって症状が現れるようになっていますが、それが母乳の中に出てくることがないからです。
したがってそれほど大きな心配をする必要はありません。
しかし注意をしなければいけないことはあります。
それは母乳から出ることがなくても、周囲から間接的に菌が侵入することです。

スポンサーリンク

間接的に赤ちゃんの身体の中に菌やウイルスが侵入してしまう可能性は十分にあります。
したがってこれをしっかりと防ぐ必要があります。
そのためには手洗いや消毒薬を使うということが必要になります。
母乳には問題はありませんが、赤ちゃんにふれたときの手に食中毒菌が付着している可能性があります。
すると赤ちゃんも菌に感染してしまい、食あたりの症状が現れることがあります。
こうなると非常につらいものです。
食あたりを予防するためには、手洗いを行って消毒薬などを使うと言うことになります。
しかししっかりと手を洗うことが難しいです。
したがって食あたりを引き起こしているときだけでも、しっかりと消毒薬などを使って清潔を保つように心がけます。
これで赤ちゃんに被害が出ることがありません。
また少しでも早く回復させるために安静を心がけるようにします。
授乳の際には母乳の影響はありませんが、皮膚などに付着した菌が影響をするので、食毒薬を使うという方法が有効です。

スポンサーリンク