MENU

食あたりと点滴の時間について

スポンサーリンク

暑い季節になると食あたりが発生しやすいと考えられています。
これは非常につらい症状となっており、早い回復が望まれています。
激しい吐き気や下痢や嘔吐に悩まされるという感染症の一つとなっています。
しかし食あたりといっても症状に程度や違いがあります。
しかし自分で解決することができないので、食あたりの可能性があるときには病院を受診するようにします。
病院ではどのような治療が行われているのかというと、基本的には問診が行われて検査を受けますが、点滴が行われることが多くなっています。
待ち時間や診察時間など点滴以外にも時間が必要になりますが、ここでしっかりと治療をすることが大切です。
食あたりの症状が軽いという場合には、激しい下痢や嘔吐がありますが、体の中から毒度が出ていくのを待ちながらゆっくりと自宅で過ごすことができます。
2日か3日で回復をします。
しかし症状が重い場合は、病院でしっかりと治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

病院での治療の基本は点滴と言うことになります。
点滴治療を受けるときに気になるのが時間です。
食あたりで点滴治療を受けると言うことがありますが、このときの時間に関しては症状によって異なっています。
食あたりは個人によって点滴の量や時間が異なっていますが、症状が軽い場合には1時間程度で回復することが多くなっています。
症状が重い場合には数時間おきに点滴を行って様子を見るという治療が行われています。
体の水分が失われていると言うことで、水分補給を口から行うよりも早い回復が期待されています。
体のバランスが崩れているときにはこの治療が行われます。
抗生物質や下痢止めというような薬もありますが、体の中から菌やウイルスを排出する必要があるので、食あたりの際にはこのような薬はあまり処方されないようになっています。
気をつけなければいけないのは、症状が悪化したときの呼吸困難や意識障害ということになります。
この場合入院の必要があります。

スポンサーリンク