MENU

馬刺しが原因の食あたり

スポンサーリンク

食あたりになることがありますが、このときにはたくさんの食品が原因となっています。
食あたりの原因となるものとしては、菌や毒素、このほかにはウイルスなど実にたくさんの種類があります。
また今までは食あたりの原因ではないと考えられていたものでも、研究が進められることで新たに認められるようになっています。
その中の一つに馬刺しがあります。
馬刺しは生で食べることができる肉と言うことで非常に人気が高くなっています。
熊本県を中心に、たくさんのところで食べることができます。
この馬刺しが原因となって発生する食あたりの原因が気になります。
馬刺しが原因となる食あたりに関しては、ここに寄生しているサルコシスティスという寄生虫が原因となっています。
この寄生虫は人間に寄生することはありません。
しかし馬や犬というような動物に寄生するようになっています。
この馬肉を生で食べることによって、人間に悪影響を与えることになってしまいます。

スポンサーリンク

しかし人間の寄生することがないので、症状が長く続くことはありません。
軽い症状で治るという人もいます。
しかしできるだけ予防をしたいと考える人が多くなっています。
馬刺しのお肉に寄生した食あたりの症状を予防するためには、しっかりと馬肉の処理をする必要があります。
この寄生虫は冷凍をされると弱いと考えられています。
しかしただ冷凍をすればいいということではありません。
冷凍の際の温度管理や時間が非常に大切となります。
マイナス20度の場合、約2日間おいておくことができるようになっています。
基本的には馬刺しを食べないと言うことが食あたりを防ぐことになりますが、それでもやはり食べたいという場合には、冷凍による処理をしっかりと行う必要があります。
これで食あたりの発生するリスクを低く抑えることができます。
マイナス20度というのは、一般的な冷凍庫でも管理をすることができる温度となります。
したがっておいしく食べるために細かい配慮が必要となります。

スポンサーリンク