MENU

食あたりになると発熱はうつるのか

スポンサーリンク

食あたりになると、体の中で防御反応が発生するようになっています。
それが吐き気や腹痛や下痢というような形で現れるようになっています。
その中で食あたりで発熱をすることがあります。
風邪をひいたときによく見られる発熱となりますが、この場合症状がうつることで他の人も発熱をしてしまうということがあります。
したがって食あたりでも発熱がうつることがあるのか気になります。
食あたりの際の発熱がすべてうつると言うことはありません。
このときには原因となっているものが何であるかによってうつるかどうかが異なっています。
この中で食あたりの原因がウイルスの場合があります。
ウイルスが原因となっているときには、発熱がうつる可能性があります。
ウイルスには次のような特徴があります。
それは少しの量でも感染をすることで症状が現れます。
飛沫感染や空気感染によってウイルスが体の中に入ってくる可能性があります。
その結果相手と同じような症状が出てしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

ウイルスが原因となっている食あたりでは、食品が原因となっていても人から人へと感染が広がってしまうことがあります。
したがって自分が食あたりになったときには、周囲に広げないように配慮が必要となります。
細菌が原因となって症状が現れていると言うことがあります。
この場合は発熱がうつらない可能性が高くなります。
症状が出ている人からうつる可能性は低くなっていますが、食あたりの原因となっている料理を一緒に食べてしまうと、ここに付着している細菌から症状が体に現れると言うこともあるので注意が必要となります。
同じ時間に食べていても同じ時間に症状が現れると言うことはありません。
発症する時間に関しては個人差があります。
したがって後から遅れて症状が現れると言うこともあります。
症状が重い場合には自己判断をせずに病院を受診するようにします。
同じ食品を食べても症状が出ないと言うことが一番となりますが、その後しばらくは体調にしっかりと配慮をするようにします。

スポンサーリンク