MENU

食あたりの症状が嘔吐のみの場合の対処方法とは

スポンサーリンク

通常の食あたりの症状には、腹痛をはじめ嘔吐や下痢といった症状が中心におこりますが、全ての症状がでるケースがありますが、下痢のみや嘔吐のみのような症状の場合もあります。
食あたりで嘔吐のみの症状の場合には原則的には数日で症状は安定してきますので、対処方法としては脱水症状に注意をしながら、嘔吐がなくなるまで様子をみる事が基本になります。
嘔吐や下痢というのは、体内にある病気の原因になるウイルスなどを体外に排出をしている自然な対応ともいえますので、風邪などの時の発熱同様に無理に止めてしまうのも問題になります。
もちろん頻繁に症状があり、長期になるような場合であれば、別の疾患の疑いも考えられますので早急に医療機関を受診することで、嘔吐や下痢の原因をはっきりさせておくことが必要になります。
万が一全く違う病気が理由の場合には症状から考えても軽度のものから重症の疾患まで数多くの病気が該当するので多少検査や診断には時間がかかるかもしれませんが、医師の診断を受ける事で、治療の対処方法にも差がでてきます。

スポンサーリンク

食あたりが原因の場合には無理に下痢止めや吐き気止めで症状を抑えてしまうよりも、なるべく早くウイルスなどを体外に排出する事で症状が軽減してきますので様子をみるというのが基本的な対処方法だと考えて問題はありません。
食あたりが嘔吐のみの場合に気を付けてい事は、嘔吐が続いているうちに喉が渇くからと言って一気に水分を補給するとこれまで以上に嘔吐をしてしまい脱水症状の危険性がありますので、嘔吐のみといってもしばらくは、水分も我慢して様子を見る事が大切になります。
少し落ち着いてくれば、少し水分を補給しては様子を観るという対処方法を数時間続けて、徐々に水分量を増やしていく事で脱水症状を防ぐようにする事が大切です。
食あたりで嘔吐のみの症状だといっても、老人や小児の場合は、脱水症状になる危険性も高いので、自宅での水分補給が上手くいっていない場合には症状が悪くなる前に医療機関で点滴などをする事で全身状態はかなり良くなります。
食あたりにも様々な症状がありますが、嘔吐のみといった場合でもあまり軽く考えずに慎重な対処方法をする事で、数日もあれば体調は回復してくることが考えられます。
症状に嘔吐があると家庭での対処方法は決しては、楽なものではありませんの慎重な対応が求められます。

スポンサーリンク