MENU

妊娠初期の食あたりの影響について

スポンサーリンク

女性は結婚をして妊娠をするということがあります。
このときには身体の中でさまざまな変化が起こるようになっています。
毎日の生活の中で病気を発症することがありますが、食あたりというものがあります。
食あたりは非常につらい症状が現れるようになっています。
激しい腹痛や吐き気や嘔吐に悩まされることが多くなっています。
食あたりの原因として考えられるものはいくつかあります。
妊娠初期には影響が出ないのかと言うことが気になります。
しかし基本的に食あたりは、妊娠初期に影響があるということは考えられていません。
その中で妊娠初期に影響があると考えられている細菌があります。
それがリステリア菌というものになります。
この菌は妊娠初期に影響を及ぼすものとなっているので十分な注意が必要となります。
リステリア菌はどのような特徴があるのかというと、生の肉や魚などに見られる菌となっています。
自然界のさまざまなところに存在しているということになります。

スポンサーリンク

この菌が影響をして妊娠初期に食あたりになってしまうこともあります。
妊娠初期にこの菌が原因となって食あたりが発生してしまうと、胎盤を通して胎児にも影響を及ぼしてしまうことがあるのです。
具体的には流産をしてしまったり早産になってしまう可能性が高くなります。
この菌に感染をしていると、生まれたときの致死率も高くなってしまうと考えられています。
したがって全く影響がないということはありません。
したがって食あたりには十分に注意をしなければいけません。
この菌は、加熱された状態であれば死滅してしまうので、とくに問題はありません。
生ハムなどは加熱されることがなくそのまま食べると言うことになります。
したがって気をつける必要があります。
この他に危険と考えられているのはナチュラルチーズや生野菜のサラダなどとなります。
これらが原因となって食あたりが発生することもあるので、加熱されていない食品を食べるときには十分な注意が必要となります。

スポンサーリンク