MENU

牡蠣にあたってしまった!食あたりの予防法とは?

スポンサーリンク

牡蠣による食あたりは毎年のようにあり。よく耳にすると思います。
食あたりになってしまうと吐き気や下痢、腹痛などの辛い症状になってしまいます。
牡蠣だけはないですが、美味しく食べたいですよね。
牡蠣フライはとても美味しいです。
しっかりと食あたりにならないように予防して食べましょう。
食あたりにならないように予防するためにはスーパーなどに生食用で販売してりるものに関しても注意が必要です。
特別に減菌処理しているものは少ないですし牡蠣の表面だけを洗っていたとしても内臓にウイルスはいますので生で食べるのはリスクがあります。
ですのでしっかりと加熱しましょう。
牡蠣は中心部の温度が85度以上で5分加熱するとウイルスや細菌が死滅し食あたりになる可能性がかなり下がりますので、しっかりと加熱調理しましょう。
それでも完全にゼロになるわけではないので体調が悪いときや免疫力が落ちているようなときは食べないようにし、感染を避けましょう。

スポンサーリンク

生の牡蠣を調理した際には、まな板や包丁にも気を付けなければなりません。
生の牡蠣を調理したものにウイルスや細菌が付着し、他の食材を調理した際にうつる可能性があるからです。
熱湯消毒したり漂白剤で洗ったりするなど対策をとってから使用するようにしましょう。
食あやり(食中毒)は食べるものからの感染だけではなく、人からも感染します。
ですので手洗いも大切になってきます。
手を洗わず、ウイルスが付着した状態で物を食べるとウイルスが口から入ってきて感染します。
牡蠣による食あたりの場合の主な症状は吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、発熱などです。
嘔吐がひどかったり、下痢が止まらない場合があっても、下痢止め薬や吐き気止めなどを服用することはやめましょう。
下痢や嘔吐は有害な細菌やウイルスを体の外に出そうという防衛本能ですので無理に止めてしまうとかえって治りが遅くなってしまいますので注意してください。
勝手な自己判断で市販の薬で対応するのはよくありませんので、病院へ行き医師の指示を仰いでください。
牡蠣だけではなく、賞味期限のきれた物や、色やにおいがおかしいものなどは食べないようにし、生ものは避けるようにすれば食あたりは予防できるはずです。
美味しいものをより一層美味しく食べられると思います。

スポンサーリンク