MENU

食あたりで後のおすすめの飲み物と食べ物は?

スポンサーリンク

食あたりには多くの人がなってると思います。
食あたり(食中毒)の症状として下痢、腹痛、嘔吐です。
万が一、食中毒にかかってしまい、下痢が止まらない場合の対処方法、下痢が治まったあとの食事について話してきたいと思います。
下痢になってしまった場合まず何に注意するべきでしょうか。
まずが辛いからといって下痢止め薬を飲んでしまうとウイルスや細菌を腸内に閉じ込めてしまうことになりますのでやめましょう。
まずは脱水症状です。
下痢を起こしているときは多くの水分が失われるとともにナトリウムやカリウムも失われますので、脱水症状を起こします。
水分補給をしましょう。
その際は水やお茶よりもみそ汁や果実、スープで行う方が適していますが、飲み込めないという方は経口補水液もオススメです。
多くの下痢は安静にしていれば治ってくると思いますが、高熱や血便などを伴うときはすぐに病院へ行きましょう。
治りはじめて飲み込めるようになってきたらなるべく消化のいいもの、お腹に負担のすくないものから徐々に食べて行くようにしてください。
消化のいい食事とはお粥やうどんなどです。

スポンサーリンク

普段は健康の維持に良いとされているものも控えたほうがいいものもありますので紹介しておきます。
玄米ご飯や蕎麦、サツマイモ、脂肪の多い肉類、食物繊維の多いキノコ、ネギ、タケノコ、キウイ、パイナップル、油で揚げたスナック菓子、コーヒーなど消化の悪いものは控えましょう。
腸に負担のかかる油や糖分、香辛料も避けたほうがいいですね。
キャベツやニンジン、バナナやリンゴなどは消化に良い為、オススメです。
食べる量はいつもより少なくしてゆっくりと食べましょう。下痢が治ってきても、一気に通常通りの食事に戻すことは避け、徐々に戻しましょう。
自宅でゆっくりと静養し、体力の回復を心がけてください。
普段から腸内環境を整える食事をとりましょう。
ヨーグルトは乳酸菌の効果で腸内環境を整えてくれます。
何度も言うようですが下痢だけであったとしてもおかしいと感じた場合には病院へ早急に行き、医師の指示を仰ぐのが一番の薬になるかと思います。

スポンサーリンク