MENU

食あたりにはヨーグルトが効果的?

スポンサーリンク

食あたりになってしまってお腹が痛い、牡蠣にあたってしまった。
下痢だけでなく吐き気もある。
このような症状の場合、まず疑われるのが食あたりだと思います。
上記のような軽い症状の場合も食中毒である可能性は大いにあります。
賞味期限がすぎていたんでしまったものを食べたり、夏場に冷蔵庫から出していて日持ちがしなくなったものを食べたりと、美味しく食べられる時期を過ぎてしまったものに関しては体に毒を与えてしまう場合もあります。
まず食中毒の原因と症状についてかんたんに話していこうと思います。
食中毒の原因は細菌やウイルスが体の中に入ることにより、発症します。
これらは目に見えませんし、味もしませんのでいつ食べてしまったかは非常にわかりづらいです。

スポンサーリンク

食中毒の症状としては腹痛、嘔吐、下痢です。
潜伏期間がありますので食べた直後に発症することはめったにありません。
万が一、発症してしまった場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。
食中毒を予防することはできるのでしょうか。
予防に効果のあると言われているものの中にヨーグルトがあります。
食中毒を予防する際には腸内環境を改善しなくてはなりませんので、腸内環境を改善してくれるヨーグルトは効果的です。
また、ヨーグルトの中の乳酸菌は腸内の善玉菌を増やしてくれる効果もあると言われてますので積極的に食べてみてはいかがでしょうか。
善玉菌というのは食中毒の細菌やウイルスを腸内に侵入するのを防ぐ働きをしていますので、ヨーグルトを食べることにより免疫力が高まるということです。
ただ、ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますので予防、対処に効果があるのですが、砂糖が大量に含まれている商品も多く存在します。
砂糖が使われていないものを購入し、はちみつなどで甘さを調節するのも美味しく食べるコツかもしれません。
そのほかにも人によってはアレルギー反応を抑えれたり、インフルエンザにかかりづらくなったりすることもあるようです。
タンパク質やカルシウム、ビタミンなどもバランスよく入っていて非常に健康にも良いので美味しく食べて腸にも気を使ってみましょう。
ヨーグルトにも力を借りて健康でいられるようにしましょう。

スポンサーリンク