MENU

食あたりで下痢のみ!その原因とは?

スポンサーリンク

通勤途中、会議中、突然お腹が痛くなってきて下痢なってしまいトイレに駆け込んだなんていう経験は誰にでもあると思います。
昨日食べたアレがあたったかなぁなんて思いながらトイレに籠ることもあるでしょう。
困ったものですよね。
しかし身体にとっては大事なことでもありますのでその原因について紹介していきたいと思います。
下痢をする状態とは一体どんな状態なのでしょうか。
食事をすると胃の中では食べ物を細かく消化する作業が行われています。
口からは飲み物や食事に含まれる水分約3リットル、それを消化するための胃液、胆汁等の消化液約6リットル、合計9リットルの水分が腸に毎日流れ込んでいきます。
小腸は食べ物の栄養と体内に流れこんでくる9リットルの水分のうちの7リットルを吸収します。
大腸に流れ、届くころには2リットルになっていますが、そこでもまだ便とは言えないような水の状態です。
大腸で残っていた2リットルの水も吸収されて、水分の約99パーセントが吸収されたのちに便が形成され排出します。
健康な便は水分が60パーセントから70パーセントですが、これ以上に水分が増えてしまうと便が柔らかくなって軟便になり、水分が90パーセントを超えてしまうと下痢になってしまいます。

スポンサーリンク

下痢というのは2種類あります。
急性の下痢と慢性の下痢です。
食あたりによる下痢に関しては急性の下痢となります。
1日に数回から10回にわたり便意をもよおすものですが大抵2週間以内で収まります。
急性の下痢は2種類あり食中毒などによる感染性、暴飲暴食などによる非感染性の2種類です。
慢性の下痢とは1日にする回数が少なくても、3週間以上続くものになって機能性の下痢とその他に分けられます。
1日に数回程度でも3週間以上続くものとなり、機能性の下痢とそれ以外に分けられます。
機能性の下痢は生活習慣、ストレス等が原因となって起こるものですが、それ以外の場合は病気や薬が原因と考えられます。
急性の下痢の感染性のある食中毒のある種類には、腸炎ビブリオ、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌(0−157等)、ボツリヌス菌、セレウス菌、コレラ、ノロウイルス、ロタウイルス等があります。
慢性の下痢には慢性膵炎、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)、大腸がん等があります。
しかし下痢と言っても原因や症状はさまざまですので、無理に下痢止め薬を飲むことは危険な場合もあります。
おかしいと感じた場合はすぐに病院で医師の診断をしてもらってください。

スポンサーリンク