MENU

食あたりの症状で「嘔吐のみ」考えられる原因は?

スポンサーリンク

食あたりというのは、自分では自覚のないような場所などで症状表すことがあります。
そして、その症状というのも沢山あり、「嘔吐、下痢、吐き気、腹痛、発熱」」と行ったものが主に多い症状と言えるのではないでしょうか?
今回は、食あたりの症状の中でも、「嘔吐のみ」の場合について説明をしていきたいと思います。
これに関しては、いくつは原因と思われるものがありますが、全てがこれらに当てはまるという訳ではないので、注意をしてください。
まず最初は、急性胃腸炎で原因がウイルス性胃腸炎の場合です。
ウイルス性胃腸炎というと「ノロウイルス」が特に有名なのですが、冬に多く感染症です。
そして、ウイルスというのは、1度感染すると、体が免疫を付けると言うことがあります。
そのため、2度、3度と症状にかかると次第に症状が軽くなると言うことがあります。
この場合に、嘔吐のみということがあります。

スポンサーリンク

そして、次が、妊娠の可能性です。
妊娠初期のつわりの可能性もあります。
急に吐き気が襲ってくるという物ですが、これには個人差があり、何度も吐く方も入れば、1度吐くとある程度の時間は落ち着くという方もいます。
自分自身で思い当たる節があれば調べて見るのもいいかもしれません。
他には、食中毒の症状の順番という物があります。
例えば、「牡蠣」を食事で食べた後に数時間後に症状が現れると言うことがあるのですが、最初に急激な吐き気が襲ってきて、吐くのですが、その後に発熱に教われ下痢が続くと言うことがあります。
この場合には、後ほど違う症状がくるので、食あたりとして認識しやすいという事があります。
そして、この原因なのですが、実際には妊娠が原因を除いては検査をしなければ原因がはっきりとはわかりません。
しかし、医療機関ではあまり検査を行うということをしません!!
その理由というのは、症状が回復するのは長くて大体1週間もあれば完治します。
そして菌の特定の結果が出るのも1週間ほどかかります。
そのため、完治してから原因を特定しても遅いと言うことがあります。
基本的には治療法というのは同じため、病原体の特定まで踏み込むことはありません。

スポンサーリンク