MENU

食あたりの寒気と頭痛の原因って何?

スポンサーリンク

食あたりといえば、食べ物によって引き起こされます。
医学としての名称としては「食中毒」といいます。
皆さんの中でも、大なり小なり、この食あたりこと食中毒にあたったという方がいるのではないでしょうか?
また、今現在でもこの症状に見舞われている方もいるかもしれません。
さて「食あたりで起こる寒気、頭痛」について説明をしていきたいと思います。
この2つの症状のばあいというのは、原因としては、食中毒が原因ではない可能性もあります。
実際に診察をしているわけでないので、判断が付けられないと言うことがあります。
さて、それはおいといて原因ですが、まず考えられる原因というのは、「急性胃腸炎」です。

スポンサーリンク

急性胃腸炎と一概に行っても、種類が2つあるのですが、この原因が「ウイルス性急性胃腸炎」「細菌性急性胃腸炎」の2つに別れます。
2つとも大体似ている症状ではあるのですが、大きな違いといえば、食べ物が必ず媒体になる場合と、それ以外の感染経路があると言うものです。
では、まず「ウイルス性胃腸炎」ですが、こちらは冬に多く発生する急性胃腸炎で、食べ物の感染もありますが、他にも感染者の唾や吐瀉物などにウイルスが潜伏している場合や、感染者が触れた物を触っても感染することがある非常に強いウイルスです。
こちらの場合には、食あたりの症状など「嘔吐、下痢、発熱」代表的な症状として起こります。
この場合には、冬ということもあり、風邪の感染と並行して移る事がります。
この際に、発熱が原因となる寒気の他に、風邪やインフルエンザが原因となる頭痛がおこることがあります。
また夏場に多いと言われる「細菌性急性胃腸炎」ですが、こちらはカンピロバクターというものが原因の事がたいていですが、鳥肉などの加熱不足が原因で、食べ物のみの感染になります。
感染者から他者に広がることはありません。
この場合には、「下痢、嘔吐、発熱」の症状が起こるのですが、寒気は発熱により起こります。
また細菌性、ウイルス性の双方の頭痛の原因としては、脱水症状によって引き起こされるものがあります。
そのため水分摂取が大事になるのですが、水分が取れないくらいの吐き気、下痢の場合には医療機関で点滴入院をすることになりますので、後遺障害の可能性もありえますで早期に治療を行いましょう。

スポンサーリンク