MENU

「食あたり」などの症状に効果のある市販薬は?

スポンサーリンク

病気には、原因、要因が様々あります。
そして、その病状や症状によって対処方法が異なってきます。
医療機関に行けば、治療や処方箋をもらうということはみなさんも経験があることだと思います。
ひとによっては、なかなか病院に行くということが、出来ない人がいます。
それは、精神的な理由の場合や時間的理由と様々になると思います。
その際に、利用することになるのが、「市販薬」になるかと思います。
市販薬は、ドラックストアや薬局などで購入できる薬ですが、自分の病気が分かることで、病院にいかずとも薬を購入できることが出来ます。
さて、「食あたりの場合には、どのような市販薬がいいのか?」について説明をしていきたいと思います。
腹痛や食あたりにかんする処方箋にはいくつかあり、「整腸剤」「鎮痛剤」「収斂性止瀉剤」
「腸内殺菌剤」など、症状によって使用するべき薬が異なってきます。

スポンサーリンク

これは成分や効果によってことなりますで、しっかりと自分の症状にあったものを使用する必要があります。
また、薬の使用により、必ず症状が改善するわけでないので、嘔吐、下痢が止まらない、激しい腹痛が改善しないという場合には、症状が重度の場合や異なる病気の事が
ただし、重度の症状の場合や激しい腹痛などの異なる病気の可能性がありますので、早急に医療機関で検査、治療を行うようにしてください。
「整腸剤」というのは、下痢や便秘が原因の際に使われることがおおいものです。
「乳酸菌製剤」ともいわれており、胃腸内の善玉菌を増やすことで胃腸の調子を整えるというものです。
「ビオフェルミン、コーワ整腸剤」などが有名ではないかと思います。
続いてが「鎮痛剤」、腹痛と、胃腸の痙攣などを抑える、また胃酸の量を抑えるものです。
「ビオフェルミン、ストッパ、エクトール」などがあります。
他にも、痛み止めとして「ロキソニン」というのもあります。
これらは、一時的に痛みや胃酸を抑えるというもので、薬の効果がきれると、再度痛みが現
慢性的な下痢には「収斂性止瀉剤」です。
こちらは、胃腸の粘膜を保護する事で、胃腸の活動を緩やかにします。
「ビオフェルミン止瀉薬、ストッパ下痢止め、ストッパL、エクトール( 赤玉)」が湯名です。
続いてが、食あたりに効果があるというもので「腸内殺菌剤」と言います。
大腸菌やぶどう球菌などを殺菌する効果、腸内の腐敗や異常な発行を抑える作用があります。
「正露丸、正露丸( 糖衣A)、ワカ末止瀉薬、エクトール、タントーゼA、アクリノール」などがあります。

1つの市販薬に多くの成分が含まれているものもありますで、薬局の方に症状を説明して購入すると速やかに、自分にあった薬にたどり着けると思います。

スポンサーリンク