MENU

食あたりの症状を改善するにはヨーグルトが効果的

スポンサーリンク

食あたりは暴飲暴食が原因で起こることもありますが、最も多い原因は細菌やウイルスを多く含んだ食べ物を食べることです。
そのため、吐き気が起きた時は吐けるだけ吐いて細菌やウイルスを体の外に出すことが重要です。
吐き気を我慢すると細菌やウイルスが体内に留まるので治るのが遅くなってしまいます。
また、下痢や嘔吐が続くと脱水症状を起こしてしまうことがあるので小まめに水分を補給することも大切です。
食あたりの症状を改善するにはヨーグルトを食べることも効果的です。
乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増えるので腸内環境が整います。
その結果、下痢や腹痛などの症状を改善する効果が期待できるのです。
また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には免疫力を高める効果もあるので、日常的にヨーグルトを食べていれば食あたりの予防につながります。
ただし、ヨーグルトは冷たい食べ物なのでそのまま食べると症状が悪化してしまうこともあります。
そのため、ヨーグルトを食べる時はゆっくり口の中で溶かすように食べるか、ホットヨーグルトにして食べると良いです。

スポンサーリンク

食あたりの症状を改善するにはヨーグルトだけでなく梅干しやハチミツなどの殺菌効果が高い食べ物を食べるのも効果的です。
梅干しには殺菌効果だけでなく免疫力を高める効果もあるので、日常的に梅干しを食べていれば食あたりの予防につながります。
また、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの食中毒菌を殺菌する作用のあるわさびを食べるのも効果的です。
わさびは寿司や刺身を食べる時の薬味として使われますが、生魚は食中毒菌が付着しやすい食材なのでこれらを食べる時はなるべくわさびを付けて食べるようにすると食あたりの予防につながります。
このように食事によってある程度は食あたりを予防したり、症状を改善したりすることが可能です。
また、食あたりを予防するためには免疫力を高めることが重要ですが、そのためには十分に睡眠をとったり、定期的に適度な運動をすることも大切です。
また、ストレスは免疫力を低下させるのでなるべくストレスを溜めないようにすることも大切です。
免疫力が高ければそれほど重い症状は現れませんし、症状が現れても比較的早く回復できるようになります。

スポンサーリンク