MENU

食あたりによる嘔吐の原因や病院などの検査方法について

スポンサーリンク

皆さんは、「食あたり」というものを経験された事はありますか?
当サイトを訪れていただいていると言うことは、ご自身やもしくは、ご家族や友人など身近な人が食あたりの症状を起こしているという事があるかもしれません。
また、食あたりという言葉について興味があって調べて見たという方もいるかもしれません。
いずれにしろ、この症状や対処方について知りたいという方がほとんどではないでしょうか。
まずこの食あたりというのはどのようなものなのでしょうか?
おもな原因というのは、状態の悪い食べ物を食べてしまったという場合や、食材自体にもとから原因となる病原体が居て、それを食してしまったという事が考えれます。
一番おおい症例としては「生牡蠣、生魚、刺身」といったものを食べることで、症状を引き起こすことが多いです。
牡蠣に関しては、皆さんの中でも、「牡蠣を食べたら、あたってしまった!」みたいな事を聞いたことがあるのではないでしょうか?
まさしくこれは、牡蠣に潜んでいた病原体によって、引き起こされた食あたりの例になります。
食あたりというのは、「食中毒」の一般的には呼び方です。
医療関係では、食中毒という言葉を使うのが一般的です。
この言葉を聞くと、どのようなものか、想像がしやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク

食中毒と言えば、食べ物によって引き起こされるのがですが、主に「細菌」「ウイルス」が原因になります。
特に細菌が原因のことが多く、病原体の種類も多くあります。
軽度な症状で済むものから、重度の症状を引き起こすこともあります。
また命に関わる事もあるため、油断は出来ません。
基本的には「腹痛、嘔吐、吐き気、下痢、発熱」などの症状が引き起こされます。
しかしながら、症状と言うのはこれだけではありません。
重度の症状に進行することものとしては、全身もしくは手足の痺れ、痙攣を引き起こすこともあります。
他にも、この痙攣が気管支に及ぶこともありこの場合には呼吸困難を引き起こすこともあります。
「フグ」と言うものも食中毒に該当します。
これは、細菌が原因という訳ではなく、体内に毒を溜め込んでいるので毒が原因になります。
そして、フグの身を食べ過ぎると舌がしびれることもありますが、これも軽症ではありますが、食あたりになります。
またキノコでも毒を持っているものがあり、こちらも同じことになります。
ひとことで、食あたりと言っても、原因もさまざまあり、それによって症状もいくつかに別れてきます。
それぞれにあった対処法などもあるため、しっかりとした対処法を身に付けていざと言うときに対応できるようにしましょう。

スポンサーリンク